MOMもるひ | ラグナロクオンライン日記ROブログスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- | スポンサー広告

MOMもるひ | ラグナロクオンライン日記ROブログ色落ちプリ服。

もるひデス。
たとえば、ある物体を好きな色に染められるとして、『だったらオレ色に染めてやるゼ!』とか豪語する方がいらっしゃったら、一度血の色に染まっていただくのが世のため人のためと思うのは全国共通の認識でよいかと思われマスが、ともあれ身の回りをお気に入りカラーで囲むのは気分がイイものでゴザイマス。
もるひは黒が好きデス、でも血の色はもっと好きデス★

サテ。
そんなわけで、ROでも「エクストラカラー」と称しまして、今さら感を放ちつつも待望の服の染色が実装いたしマシタョ!

エクストラカラー

エクストラカラー

ショップポイント5,000P、つまり500円で染色アイテムを購入するコトができマス。
服の染色を見越して染料をため込んでいたもるひ南無。



ショップポイントアイテム販売員の近くに、「服装染色師」が配置され、そこで染色するコトができマス。もちろん、元のカラーに戻すコトもできマス(またチケットが必要デスけども)。

ともあれ、ついに服装のカラーバリエーション、すなわち色仕掛けを楽しめるゼ!とワクワクされた方も多いかと思いマスが、フタを開けてみれば各職業ごとに1色しか配色パターンがなく、オレ色どころか好きな色にも染められない仕様でゴザイマス。



さっそくプリを染めてみマシタ★
聖職者らしく純白に……と言いたいところデスが、どう見ても染色というより脱色デス。くすんで影が薄くなった雰囲気で、見ようによってはシースルー。シルクのようで肌触りはよさそうデスが、触ると高額明細が届きマス。
結局、この1色しか用意されていないので、内心ガッカリでゴザイマス……せっかく黒色に染めて、『無LUK(ブラック)ひねり★』とか幸薄い雰囲気で名乗りたかったのデスが。
マァ、白色っぽくても「もやしっこ」なイメージになってよかったかもしれないョ。

しかし、粉末洗剤ボールドを使ったような驚きの白さには程遠いので、頭装備のコーディネイトは完全な「白」とは合わなくて難しそうデス。
やっぱり少し灰に近い白がイイのカナァ……と思って、いくつか試してみたョ。

 

白装束……とまではいきませんが、なんか雰囲気でてマス。
一気にLUKが0になってる気がしマス。





スカーフをかぶって、給食のおばちゃん……いえ、お姉さんデス。



オールドスターロマンスは色合いバッチリ。
コレは借り物デスが、ちょっと欲しくなりマシタ。

そんなわけで、なんだかんだでイメージチェンジには一役買ってマスので、気が向いたら試してみたらいかがでしょうか。
他の職がどういう色になってるか、ちょっと気になりマスNE☆

それでは、ココロまで純白に染め上げきれなかったところで、また次回。
ちょぴッ☆




【Web拍手】そういえば倉庫も増えてた。

▼たまには押してやってクダサイ。驚きの白さデス。
関連記事
2009-06-10 | RO日記コメント : 3トラックバック : 0
コメントの投稿
非公開コメント

同じく染料集めてました><

くそー!
しかし・・・プロのNPCは、なんだったんですかね;

このままでは・・・かわいそう・・・
2009-06-10 11:29 : ひゅぶ URL : 編集
おおおおぅっ?!
服染色実装されてたのかΣ(@o@

やってみなければ(><b
2009-06-10 20:13 : 頭巾仮面 URL : 編集
初めてコメします。

ハイプリで服染色しました。
落ち着いた感じの青というか薄い紺色な感じに染まりました。
履き込んだジーンズ的?

TU狩り時の「羽のベレー」とは同系色でいい感じです。
殴り狩り時の「ひよこちゃん」とはちょっと違和感ありますね。
デフォ色よりはずっと気に入ったんで満足です。
2009-06-12 07:17 : hiro URL : 編集
Pagetop

もるひについて

もるひ Author:もるひ
・RO【Olrun】在住(※元Iris)
くさむしれ管理人 kusa64055★moruhi.com
(★は半角@マーク)

もるひ&雄一郎
RO絵師「雄一郎」さんがイラストを描いてくれマシタ☆
詳しくはコチラ

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター

RO川柳・最優秀賞受賞!

RO川柳 最優秀賞受賞
RO川柳最優秀賞をいただきマシタ! 雄一郎氏にステキなイラストを描いていただき、感謝感激メテオストーム☆
受賞記事はコチラ

※2011年は佳作いただきマシタ。
受賞記事はコチラ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。